サウル

チケットを購入する
APR 2021

オラトリオ「サウル」

 

作曲:ジョージ・フリードリヒ・ヘンデル

台本:チャールズ・ジェネンズ

 

サウルはイスラエル初代の王。最後の士師サムエルから油を注がれ王となり王国の基礎を強くする。

しかし、偶像を拝礼するなど行動は常軌を逸し始め、紙に見放されれる。ダヴィデに嫉妬し、命を狙う。

命を狙われたダヴィデは、敵方のペリシテ軍との戦いを前に円ドルの口寄せ女(降霊術師)にサムエルの例を呼び出してもらう。そして「ダヴィデが王国を継ぎ、サウルも彼の息子も死ぬ」という予告を聞かされる。

プログラムとキャスト

アンデアウィーン劇場



アン・デア・ウィーン劇場はヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトのオペラ「魔笛」の台本で成功した脚本家エマヌエル・シカネーダが、1791年に皇帝の許可を受け、建築家フランツ・イェーガーによる帝政様式の設計をもとに1798年より建設を開始、1801年に落成しました。

モーツァルトの生誕250周年にあたる2006年、劇場は「新しいオペラハウス」を名乗り、ウィーン国立歌劇場およびフォルクスオーパーの次いで3番目の歌劇場となりました。総監督に就任したローラント・ガイヤーは他2館のような日替わりで違った演目を用意するレパートリーシステムではなく、同じ演目を一定期間に渡って上演するスタジオーネシステムを採用し、モーツァルト作品やウィーン古典の他、バロックオペラや現代オペラを主な柱に据えています。オペラ公演のオーケストラはウィーン交響楽団、ウィーン放送交響楽団およびウィーン・コンツェントゥス・ムジクスが務めています。

 

アンデアウィーン劇場アクセス方法


                              公共交通機関:

 

地下鉄;U1、U2、U4 カールスプラッツ(Karlsplatz)
バス;59A Bärenmühldurchgang
           57A    Laimgrubengasse 、Linke Wienzeile



 

類似したイベント