サビーヌ・デヴィエイユ、アレクサンドル・タラオー

チケットを購入する
JAN 1970

彼女はマルセイユとパリでメリザンドを演じたことでドビュッシーを知っている。プーランクは、オリヴィエ・ピィが指揮した「カルメリテの対話」でシスター・コンスタンツのベールを被ったことで知っている。ラヴェルは、グラインドボーン音楽祭で「暖炉の火」、「絵本から引き裂かれた王女」、「ナイチンゲール」を演奏したことで知られています。サビーヌ・デヴィエイユは、カーネギーホールの板を踏んでベルリオーズとケヒリンを「ミラージュ(エラート)」のレコードで不滅にしたアレクサンドル・タラオーのエスコートを受けて、征服された地に到着します。このピアニストは、ラモーから私たちの同時代人、そして「激動の20年代」のパリに至るまで、私たちの地域の音楽の最高の専門家の一人として際立っていたのですから、この二人の関係はより理想的なものと思われます。フランスの旋律の繊細な魔法を表現するには、これ以上の方法はないでしょう。

プログラムとキャスト

サビーヌ・デヴィエイユ ソプラノ
アレクサンドル・タロー|ピアノ


プログラム


ドビュッシー、星の夜、ロマンス、アリエルのロマンス、幻影、アリエット・オーブリエ
プーランク、ルイ・アラゴンの2つの詩、Banalities
フォーレ, Après un rêve, Notre amour, Au bord de l eau, Les Berceaux
ラヴェル、フランスの歌、極楽浄土の三羽の美しい鳥、草の上で、花のコート、ギリシャの五つのポピュラーな歌

シャンゼリゼ劇場

シャンゼリゼ劇場
 

シャンゼリゼ劇場は、フランスのパリ8区にある劇場で、アールヌーボー建築の代表作といわれています。名前はシャンゼリゼですが、シャンゼリゼ通りではなく、モンテニュ通りにあります。
オーギュスト・ペレが設計し、アントワーヌ・ブール出る、モーリス・ドニ、エドゥワール・ヴゥイヤール、グザヴィェ・ルセルが美術担当し、1913年に完成します。

ジャーナリストで興行主であったガブリエル・アストゥリュクにより、オペラ座のような伝統的な劇場に対抗して、新時代の劇場にふさわしい現代的な作品を上演する事が提案されました。それに従い、バレエ・リュス(ロシア・バレエ団)を迎えて最初のシー人に備える事となりました。そのシーズンにクロード・ドビュッシーの「遊戯」(5月15日)、ストラビンスキーの「春の祭典」(5月29日)の初演が行われました。

当初私的な劇場として発足しましたが、劇場主のアストリュクは破産、1970年からケス・デ・デポがスポンサーとなりました。

シャンゼリゼ劇場は現在、オペラが年に3回公演されます。オーケストラピットの大きさの都合でバロック時代の作品や小管弦楽団のための作品が上演される事が多い。

フランス国立管弦楽団とラムルー管弦楽団の2つの管弦楽団がシャンゼリゼ劇場を本拠地としているほか、ウィーンフィルハーモニー管弦楽団もフランスでの活動拠点としています。

フランス放送フィルハーモニー管弦楽団、パリ室内管弦楽団なども、シャンゼリゼ劇場でコンサートを行う事が多い。

そのほか、舞踏、室内楽、リサイタル、ポピュラー音楽などのイベントでも使用されています。

 

 

シャンゼリゼ劇場へのアクセス: 

 
地下鉄:アルマ·マルソー(9行目)、フランクリンD.Roosevelt(1行目)、ポン·ドゥアルマ(RERのC線) 
バス:N°42、63、72、80、92 
タクシー乗り場:場所アルマ、大通りジョージVのコーナー 
 

類似したイベント