サロメ

チケットを購入する
NOV 2020

オーケストラの派手さと官能性の高さで知られるモダン・オペラの傑作、「サロメ」のスコアは、最初から最後まで残酷と倒錯の世界に浸っている。しかし、なんという作品なのでしょう。微妙な強迫観念がスコアに浸透し、ある主人公から別の主人公へと移動していく。Krzysztof Warlikowskiは、シュトラウスの作品の中に、複数の領域を探求するドラマトゥルギーの理想的な背景を見出しました。ロールプレイングでも現実でも、誰もが自分の道を見つけるか、その中で迷うことになるでしょう。このパワフルな作品は昨シーズン、ミュンヘン歌劇場で初演されました。今シーズンのシャンゼリゼ劇場での公演では、ヴォルフガング・アブリンガー=シュペルラッケ、ガーボル・ブレッツ、ソフィー・コッホなど、ストラウスのレパートリーに精通した出演者が出演し、パトリシア・ペティボンは20世紀のレパートリーの中で最も要求の高いタイトルロールを担当します。この役は、創意工夫から神秘的な狂気まで、すべての心理学的スペクトルが召喚される役です。錯乱と告白の間のサロメの最後の独白の前に、「愛の神秘は死の神秘よりも偉大である」という観察で終わる、作品の中で重要な瞬間です。まさに壮大な作品である。


製作 バイエルン国立歌劇場/シャンゼリゼ劇場
このオペラはフランス・ムジークが放送しています。

プログラムとキャスト

ヘンリック・ナーンシ|演出
Krzysztof Warlikowski|ステージング
クロード・バルドゥイユ 振付
マウゴルザータ・シュチニャック|セットと衣装
フェリーチェ・ロス|照明
カミル・ポラック|動画


パトリシア・プチボン|サロメ
ガーボル・ブレッツ|イオカナーン
ヴォルフガング・アブリンガー・シュペルラッケ|ヘロデ
ソフィー・コッホ|ヘロディアス
オレクシィ・パルチコフ|ナラボス
エマヌエラパスク|ヘロディアスのページ
アレクサンドル・クラベッツ|第一ユダヤ人
フランソワ・ピオリノ|第2のユダヤ人
ロドルフ・ブリアン|第3のユダヤ人
グレゴリー・ボンファッティ|第4のユダヤ人
ジェフロイ・ビュフィエール|第5のユダヤ人
クリストフ・クロレック|最初の兵士
ジャン・ヴィンセント・ブロット|二人目の兵士
ウゴ・ラベック|ファースト・ナザレン
マーク・ヴァン・アーズデール|第二ナザレン
フランチェスコ・サルヴァドーリ|カッパドキア人
タマラ ブナゾウ|奴隷


フランス国立管弦楽団


ドイツ語で歌い、フランス語と英語の字幕付き

シャンゼリゼ劇場

シャンゼリゼ劇場
 

シャンゼリゼ劇場は、フランスのパリ8区にある劇場で、アールヌーボー建築の代表作といわれています。名前はシャンゼリゼですが、シャンゼリゼ通りではなく、モンテニュ通りにあります。
オーギュスト・ペレが設計し、アントワーヌ・ブール出る、モーリス・ドニ、エドゥワール・ヴゥイヤール、グザヴィェ・ルセルが美術担当し、1913年に完成します。

ジャーナリストで興行主であったガブリエル・アストゥリュクにより、オペラ座のような伝統的な劇場に対抗して、新時代の劇場にふさわしい現代的な作品を上演する事が提案されました。それに従い、バレエ・リュス(ロシア・バレエ団)を迎えて最初のシー人に備える事となりました。そのシーズンにクロード・ドビュッシーの「遊戯」(5月15日)、ストラビンスキーの「春の祭典」(5月29日)の初演が行われました。

当初私的な劇場として発足しましたが、劇場主のアストリュクは破産、1970年からケス・デ・デポがスポンサーとなりました。

シャンゼリゼ劇場は現在、オペラが年に3回公演されます。オーケストラピットの大きさの都合でバロック時代の作品や小管弦楽団のための作品が上演される事が多い。

フランス国立管弦楽団とラムルー管弦楽団の2つの管弦楽団がシャンゼリゼ劇場を本拠地としているほか、ウィーンフィルハーモニー管弦楽団もフランスでの活動拠点としています。

フランス放送フィルハーモニー管弦楽団、パリ室内管弦楽団なども、シャンゼリゼ劇場でコンサートを行う事が多い。

そのほか、舞踏、室内楽、リサイタル、ポピュラー音楽などのイベントでも使用されています。

 

 

シャンゼリゼ劇場へのアクセス: 

 
地下鉄:アルマ·マルソー(9行目)、フランクリンD.Roosevelt(1行目)、ポン·ドゥアルマ(RERのC線) 
バス:N°42、63、72、80、92 
タクシー乗り場:場所アルマ、大通りジョージVのコーナー 
 

類似したイベント