ナブッコ

あらすじ

 

第1幕

バビロニア国王ナブッコと、勇猛なその王女アビガイッレに率いられたバビロニアの軍勢がエルサレムを総攻撃しようとしている。ヘブライ人たちは周章狼狽の態だが、大祭司ザッカリーアは「当方はナブッコの娘フェネーナを人質としているので安心」と人々を静める。

そのフェネーナとエルサレム王の甥、イズマエーレは相思相愛の仲であるが、アビガイッレもまたイズマエーレに想いを寄せている。アビガイッレは神殿を制圧し、イズマエーレに「自分の愛を受け入れれば民衆を助けよう」と取引を提案するが、イズマエーレはそれを拒絶する。

やがてナブッコも神殿に現れる。ザッカリーアは人質フェネーナに剣を突きつけて軍勢の退去を促すが、イズマエーレがフェネーナを救おうとしたためその試みは失敗する。ヘブライの民衆はイズマエーレの裏切りを非難、勝利を収めたナブッコは町と神殿の完全な破壊を命ずる。

 

第2幕
第1場

アビガイッレは自分の出自の秘密を記した文書を発見、ナブッコ王は王女フェネーナに王位を譲るつもりであることを知り激しく嫉妬する。バビロニアの神官たちは「フェネーナはヘブライ人の囚人たちを解放しようとしている。自分たちはナブッコ王が死亡したとの虚報を流布するので、この隙に王位を奪ってほしい」とアビガイッレを焚きつける。

第2場

ザッカリーアは破壊された神殿と祖国、そして人々の心の中の信仰心の復活を祈る。ヘブライ人たちはイズマエーレの裏切りを問責するが、ザッカリーアは人々に「今やフェネーナもユダヤ教に改宗した」と告げ、若い二人をかばう。

アビガイッレとバビロニアの神官たちが現れ、フェネーナから王冠を奪おうとする。そこに死んだはずのナブッコ王が登場、「自分はただの王ではない。今や神だ」と誇る。その驕慢は神の怒りに触れ、ナブッコの頭上に落雷、彼は精神錯乱状態となり、力を失う。こうして王冠はアビガイッレが手に入れる。

 

第3幕
第1場

アビガイッレは今や玉座に座っている。彼女は異教徒たちを死刑とする命令を作成、力を失ったナブッコに玉璽を押すように強いる。押印したナブッコは、改宗した実の娘フェネーナも死刑となることを知りアビガイッレに取り消しを懇願するが、彼女は聞かない。

第2場

ユーフラテス河畔で、ヘブライ人たちが祖国への想いを歌う。ここで歌われるのが有名な合唱曲「行け、我が想いよ、黄金の翼に乗って」Va, pensiero, sull'ali dorateである。ザッカリーアは祖国の最終的な勝利とバビロニアの滅亡を予言、人々を勇気付けようとする。

 

第4幕
第1場

監禁されているナブッコはエホバの神に許しを請う。遂に忠臣たちが彼を解放する。ナブッコはフェネーナを救い、王位を回復することを誓う。

第2場

ヘブライ人たちがまさに処刑されようとする刹那、ナブッコが登場、彼はバビロニアの神々を祀った祭壇の偶像の破壊を命ずる。偶像はひとりでに崩壊する。ナブッコはこれを奇蹟であるとし、エホバの神を讃え、ヘブライ人たちの釈放と祖国への帰還を宣言する。群衆はエホバ神賛美を唱和する。形勢不利であると悟ったアビガイッレは服毒し、ナブッコとフェネーナに許しを乞いつつ絶命、ザッカリーアはナブッコを「王の中の王」と讃えて、幕。

プログラムとキャスト

チケットを購入する
SEP 2019 Next
フォトギャラリー
Alena Klenková
© Alena Klenková
Alena Klenková
© Alena Klenková
Alena Klenková
© Alena Klenková

スロバキア国立劇場 - SND歴史的建造物

スロバキア国立劇場の歴史的建造物は、旧市街の劇場の敷地内にあります。現在の建物は1886年にオープンした建築家Ferdinand FellnerとHermann Helmerによる設計のために建てられました。折衷的なスタイルの建物は、によって設計された多くの劇場の建物のうちの1つです。ソフィア(ブルガリア)、ブダペスト(ハンガリー、カルロヴィヴァリ、ブルノ(チェコ))、チューリッヒ(スイス)、ベルリンのベルリン(Theater unter den Linden)など、ヨーロッパの都市に点在するウィーンを拠点とする建築家の著名なチーム)


City Theatre Bratislavaは最初にドイツとハンガリーの会社による停滞した劇場の公演を上演しました。 1920年からスロバキア国立劇場があります。 1950年代までは、ドラマ、オペラ、バレエの公演が行われていました。 SNDの歴史的建造物がSNDのオペラとバレエに捧げられるようになったのは、SND Drama Companyの恒久的なステージが開かれるまではありませんでした。


遺産保護の性質から、指定建造物は元の外観、講堂の内部、エントランスロビー、サロンを1階に残しておく必要がありました。それにもかかわらず、講堂はかなりの空間的変化を遂げました。観客に快適さを提供するために、変換には座席数の削減も含まれていました。他のすべての分野は近代化されています。地下室(講堂の下)にある中央のマントルーム、2階にカフェ、1階と3階に喫煙室があります。ステージの両側のエリアは、パフォーミングアーティスト、ワードローブ倉庫、備品室、および(地下室の)チューニングサロンの更衣室として機能するように改装されました。現代的な別館はSNDオペラとバレエのSND管理によって使用されるディレクター、指揮者、プロンプター、更衣室、リハーサル室と管理事務所に捧げられた事務所を収容します。別館と隣接するKomenského広場の下に3つの地下階があります。2階は装飾品倉庫の家で、3階は2つの広いバレエリハーサルホールで構成されています。

 

 

そこに着く方法


公共交通機関

すべての路面電車路線はSND歴史的建造物から徒歩圏内にあり、バス路線29、30、37、82、91、191および901と同様に運行しています。

バス:

New Bridge /Novýから徒歩圏内にバス停があります。

29、30、37、82、91、191、901(国際線)

路面電車:

SND歴史的建造物に隣接した駅:

Jesenského、そして/またはNám。 。シュトラ

路面電車2番(ŽSTNovémestoからの方向のみ)、4(Zlatépieskyからの方向のみ)、5(Rača - Komisárkyからの方向のみ)、6、9(Karlova Vesからの方向のみ) Jesenskéhoを停止します)

Kamennénámestie広場とNámestieSNP広場で徒歩圏内に停車します。

行番号2(Šafárikovonámestieからの方向)、3、4(Dúbravkaからの方向)、5

Albertus teolog
© Alena Klenková
類似したイベント