プラハ放送交響楽団 - R2. E. W. コーンゴールドのオスカー受賞曲

チケットを購入する
JAN 1970

ブルノ出身の非常に才能豊かなエーリヒ・ヴォルフガング・コーンゴールドは、ハリウッド映画の特徴的なジャンルのスコアの作曲家として歴史に名を残しました。アメリカの指揮者ジョン・アクセルロッドは、プラハ交響楽団に戻ってきたコングルトの人柄を、映画『ロビン・フッドの冒険』の音楽の作曲者として、またクラシック音楽の作曲者として、フランクリン・デラノ・ルーズベルトの記憶に捧げられた戦後の交響曲嬰ヘ長調の作曲者として、より広い文脈の中で紹介します。プログラムの最後には、コングルトの同世代のピアニスト、リヒャルト・シュトラウスのバーレスケが演奏されます。

プログラムとキャスト

エーリッヒ・ヴォルフガング・コングルト ロビン・フッド組曲の冒険
リヒャルト・シュトラウス:ピアノとオーケストラのためのブルレスケ
エーリヒ・ヴォルフガング・コルンゴールド 交響曲 嬰ヘ短調
イヴォ・カーネク - ピアノ
ジョン・アクセルロッド(指揮者

ルドルフィヌム

ルドルフィヌム (Rudolfinum) は、プラハにある音楽公会堂である。プラハにあるネオ・ルネサンス様式の建築物群の中でもっとも重要な建築物の一つである。ヴルタヴァ川右岸に位置するヤン・パラフ広場 (Náměstí Jana Palacha) の中にある。何十年にもわたってチェコ・フィルハーモニー管弦楽団の本拠地であり、毎年5月と6月に開催されるプラハの春音楽祭では主要な開催地の一つとなっている。

 

設計はボヘミア人建築家ヨセフ・ジテクと彼の弟子であったヨセフ・シュルツによるもの。1885年2月8日にこけら落としを迎え、これを主催したオーストリア皇太子、ルドルフに敬意を表して「ルドルフィヌム」と命名された。

 

ルドルフィヌム内にあるドヴォルザーク・ホールは、ヨーロッパのコンサートホールの中では最古のものの一つであり、音響効果の面でよく名前を知られている。1896年1月4日、ここでチェコ・フィルハーモニー管弦楽団の最初期の演奏会が開かれた。アントニン・ドヴォルザークの指揮によるものだった。

類似したイベント