マクベス

前奏曲

3分ほどの短いもの。魔女のテーマ、およびマクベス夫人夢遊のシーンのテーマが再構成されている

 

第1幕
第1場

マクベスとバンコーは戦場から勝利しての帰途、魔女が乱舞しているのに出逢う。魔女らは「マクベスはコーダーの領主となり、やがては王となる。バンコーは王の祖先となろう」と予言し姿を消す。そこへダンカン王の使者が到着、マクベスがコーダー領主に任命されたことを伝える。2人は予言の一部が早速成就したことを知り驚きつつ帰途を急ぐ。魔女たちは再び現れ、マクベスは自分の運命を知るためまた訪ねてくるだろう、と歌う。

第2場

夜。居城ではマクベス夫人が夫の帰りを待ちわびている。マクベスが寄越した「魔女と逢い予言を受け、その通りにまずは領主になった。このことは内密に」との手紙を、夫人は独り読み上げ、夫が勇気を出してこの予言を実現させていって欲しいと願う。そこに召使が現れ、マクベスだけでなく、ダンカン王も急用でこの城を今晩訪問することになった、と伝える。夫人が好機到来と狂喜しているところへマクベスが帰還する。ダンカン王は賓客用の寝室へ入る。夫人は躊躇するマクベスをせきたて、王を刺殺させる。自らの所業に呆然として寝室から戻ってくるマクベスの手から、夫人は血にまみれた剣をとりあげ、眠り込んでしまった王の従者の側に置き、夫婦は退場する。

朝、マクダフとバンコーが王を起こしにやってくる。マクダフはダンカン王が暗殺されているのを発見、城内の一同を呼ぶ。一同は驚愕し、暗殺犯人に神の罰の下らんことを祈る。マクベスと夫人も何食わぬ顔で皆に調子を合わせる。

 

第2幕
第1場

計画通りマクベスはスコットランドの王となったが、彼ら夫婦には魔女の予言「バンコーは王の祖先となる」が気になってならない。そこで刺客を放ち、バンコーとその息子を殺すことにする。

第2場

バンコーが息子と2人で城外の林を歩いているところへ刺客の一団が襲い掛かる。バンコーは息子を逃がすことに成功するが、自らは凶刃に倒れる。

第3場

城の大広間ではマクベス新王を寿ぐ晩餐会が行われる。マクベス夫人は乾杯を歌う。刺客が戻ってきて、マクベスに一部始終を報告する。マクベスは晩餐の席に着こうとするが、バンコーの亡霊を発見してうろたえる。他の列席者には何も見えない。晩餐会は中止され、人々はマクベスの行動に不審の念をもつ。

第3幕

魔女たちの棲む洞穴にマクベスが現れ、自分の運勢を教えて欲しいと願う。新たな予言は「マクダフには警戒せよ」「女の産道を通ったものにはマクベスは倒せない」「バーナムの森が動かない限り怖れることはない」であった。マクベス夫人も現れて、夫妻は怖れることなく権力を死守しようと誓う。

 

第4幕
第1場

スコットランドとイングランドの国境近くの荒野。スコットランドから逃れてきた人々はマクベス新王の圧政を訴える。マクダフは、自分の妻と子供らがマクベスに殺された悲しみを歌う。ダンカン王の遺児マルコムが現れる。彼はイングランド軍の助勢を受け、マクベス王への反乱を計画している。彼は軍勢に、バーナムの森の木を伐り、その枝葉を用いて擬装を行うように命令する。

第2場

マクベス夫人は精神を病み、毎夜城内を徘徊している。彼女は夢幻状態で、ダンカンやバンコーを殺したこと、手に付着した血がどうやっても拭い去れないことを訴える。隠れてこれを聞いていた医師と夫人の侍女は恐れおののく。

第3場

マクベスは、マルコムとその一派が反乱を起こしたとの情報に激怒する。彼は自軍の優勢を信じて反撃を命じるが、まずマクベス夫人が狂死したとの報、続いてバーナムの森が動き出したとの報に接して、周章狼狽の態で戦場に赴く。

第4場

マクベスとマルコムの軍勢が戦闘を繰り広げ、やがてマクベスとマクダフの一騎討ちとなる。マクベスは、自分は女の産道を通った者には殺されない、と言うが、マクダフは意に介さない。彼は母親の胎内から切開で取り上げられた子供だったのだ。マクベスは愕然としてマクダフの刃に敗れ死に、マルコム軍が勝利を収める。マルコム、マクダフ、兵士たち、それに人々は圧政の終焉と勝利を祝う。

プログラムとキャスト

チケットを購入する
SEP 2019 Next
フォトギャラリー
Alena Klenková
© Alena Klenková
Alena Klenková
© Alena Klenková
Alena Klenková
© Alena Klenková

スロバキア国立劇場 - SND歴史的建造物

スロバキア国立劇場の歴史的建造物は、旧市街の劇場の敷地内にあります。現在の建物は1886年にオープンした建築家Ferdinand FellnerとHermann Helmerによる設計のために建てられました。折衷的なスタイルの建物は、によって設計された多くの劇場の建物のうちの1つです。ソフィア(ブルガリア)、ブダペスト(ハンガリー、カルロヴィヴァリ、ブルノ(チェコ))、チューリッヒ(スイス)、ベルリンのベルリン(Theater unter den Linden)など、ヨーロッパの都市に点在するウィーンを拠点とする建築家の著名なチーム)


City Theatre Bratislavaは最初にドイツとハンガリーの会社による停滞した劇場の公演を上演しました。 1920年からスロバキア国立劇場があります。 1950年代までは、ドラマ、オペラ、バレエの公演が行われていました。 SNDの歴史的建造物がSNDのオペラとバレエに捧げられるようになったのは、SND Drama Companyの恒久的なステージが開かれるまではありませんでした。


遺産保護の性質から、指定建造物は元の外観、講堂の内部、エントランスロビー、サロンを1階に残しておく必要がありました。それにもかかわらず、講堂はかなりの空間的変化を遂げました。観客に快適さを提供するために、変換には座席数の削減も含まれていました。他のすべての分野は近代化されています。地下室(講堂の下)にある中央のマントルーム、2階にカフェ、1階と3階に喫煙室があります。ステージの両側のエリアは、パフォーミングアーティスト、ワードローブ倉庫、備品室、および(地下室の)チューニングサロンの更衣室として機能するように改装されました。現代的な別館はSNDオペラとバレエのSND管理によって使用されるディレクター、指揮者、プロンプター、更衣室、リハーサル室と管理事務所に捧げられた事務所を収容します。別館と隣接するKomenského広場の下に3つの地下階があります。2階は装飾品倉庫の家で、3階は2つの広いバレエリハーサルホールで構成されています。

 

 

そこに着く方法


公共交通機関

すべての路面電車路線はSND歴史的建造物から徒歩圏内にあり、バス路線29、30、37、82、91、191および901と同様に運行しています。

バス:

New Bridge /Novýから徒歩圏内にバス停があります。

29、30、37、82、91、191、901(国際線)

路面電車:

SND歴史的建造物に隣接した駅:

Jesenského、そして/またはNám。 。シュトラ

路面電車2番(ŽSTNovémestoからの方向のみ)、4(Zlatépieskyからの方向のみ)、5(Rača - Komisárkyからの方向のみ)、6、9(Karlova Vesからの方向のみ) Jesenskéhoを停止します)

Kamennénámestie広場とNámestieSNP広場で徒歩圏内に停車します。

行番号2(Šafárikovonámestieからの方向)、3、4(Dúbravkaからの方向)、5

Albertus teolog
© Alena Klenková
類似したイベント