マリーア・ストゥアルダ

マリーア・ストゥアルダ


作曲:ガエターノ・ドニゼッティ

台本:ジュゼッペ・バルダーリ


あらすじ


第1幕 :ウェストミンスター宮殿

イングランド女王エリザベッタがセシル卿と共に槍試合から帰ってくる。レスター伯のロベルトを愛していたエリザベッタは、フランス王からの結婚の申し出に悩んでいる。そこへタルボット卿が進み出、幽閉中のスコットランド女王マリア・ストゥアルダの赦免を願い出る。イングランドへ亡命して来たマリアは大逆事件の関係者として捕われていたのだ。だが、セシル卿は国家安定のために、女王の座を狙った謀叛人として処刑すべきと進言。迷う女王。ロベルトがやって来たので、女王はフランス大使に結婚の承諾を伝えるように言うが、彼が何も感じていぬかのように顔色を変えないので、冷淡な男だと独白する。二人になるとタルボット卿はロベルトにマリアからの手紙と肖像画を渡す。マリアを愛するロベルトはそれを見て必ずマリアを救うと誓うが、ちょうど戻って来た女王に見とがめられる。マリアと通じているのだろうと図星を差されたロベルトは、隠しきれずに手紙を差し出して赦免を乞う。マリアに会って欲しいと言うロベルトに、女王はマリアの傲慢な鼻柱を折ってやろうとフォルテリンガ城に出向いて会見することを承諾する。


第2幕:フォルテリンガ城内の庭園

侍女と共に久しぶりに庭に出られて、太陽の光に喜ぶマリア。ロベルトが来て、女王が今日、狩りを口実に訪れると告げる。怖れるマリア。ロベルトは優しく慰め、女王に恭順の意を示して赦免を得るよう諭し、許された暁には結婚しようと約束する。女王が来て、ロベルトはマリアの赦免を願い出るが、セシル卿は反対する。マリアがタルボット卿に伴われて登場し、女王の前にひざまずいて赦免を願う。しかし、女王はロベルトとマリアの関係に嫉妬して、マリアが夫を殺害し、他の男と不貞を働いたとあげつらって辱める。がまんできずマリアは女王にあなたこそ庶子で王座を継ぐ資格などないと叫び、女王の弾劾に走る。怒りに蒼白となって、女王はマリアを逮捕し、「極刑に苦しむ心の用意をするがよい」と言い放つ


第3幕

第1場:ウェストミンスター宮殿

セシル卿は死刑執行書への署名を進言するが、女王は情勢を慮って慎重な態度。しかし、ロベルトが姿を見せると嫉妬に燃えて署名してしまう。ロベルトは再度赦免を願い出るが聞き入れられず、女王はかえってロベルトに処刑の立ち会いを命じる。

第2場:フォルテリンガ城の牢獄

処刑も近いと告げるセシル卿に、マリアはイングランドに自分を裁く権利はないと気高く言う。死を覚悟したマリアはカトリックの僧となったタルボット卿に最後の懺悔をする。夫アリ-ゴを暗殺したボスウェル卿を暗殺者と知りながら許して結婚したと告白する。バビントンの大逆に関しては、自分はイングランドでは何の罪も犯していないと断言する。

第3場:刑場の控えの間

召使いや友人が悲しみにくれる中、喪服のマリアが現れ、最後の祈りを捧げる。死刑執行の合図の大砲の音と共にセシル卿が来ると、マリアは自分を死に追いやる女王を許すと伝言する。激しく嘆き悲しむロベルトに別れを告げて、マリアは神の許へと旅立つ心の内を歌い、静かに処刑台への階段を上がっていく。

プログラムとキャスト

<スタッフ・キャスト>

 

指揮:Fabrizio Maria Carminati

演出:Andrea De Rosa

舞台装置:Sergio Tramonti

衣装:Ursula Patzak

照明:Pasquale Mari

 

サン・カルルシュ国立劇場合唱団

ポルトガル交響楽団

 

エリザベッタ:Alessandra Volpe

マリア・ストゥアルダ:Ekaterina Bakanova

レスター伯:Leonardo Cortellazzi

タルボット卿: Luís Rodrigues

セシル卿:Christian Luján

アンナ・ケネディ:Rita Marques

チケットを購入する
JAN 1970

サン・カルルシュ国立劇場

サン・カルルシュ国立劇場は、ポルトガル・リスボンにあるオペラハウス。1755年のリスボン地震で崩壊したテージョ・オペラ・ハウスの替わりとして、マリア1世治下の1793年6月30日に開演した。劇場は、リスボン市の歴史的中心地シアード地区にある。

1792年、リスボンの商工関係者のグループが、市の新たなオペラハウス建設へ資金援助することを決めた。劇場は、ポルトガル人建築家ジョゼ・ダ・コスタ・エ・シルヴァの設計によるネオクラシカル様式とロココの要素を持つ建物としてわずか6ヶ月の工期で完成した。全体の計画は、ナポリのサン・カルロ劇場(内装)、ミラノのスカラ座(内装とファサード)といった偉大なイタリアの劇場に明らかに触発されていた。 19世紀初頭、ナポレオン支配に対しスペインで勃発したスペイン独立戦争の余波で首都をナポレオン軍に占領されるとブラガンサ王家はブラジルへ避難したため、サン・カルルシュ国立劇場を模範とした同名の劇場がリオ・デ・ジャネイロに建てられた。

メイン・ファサードには、ポルトガル国家の紋章の飾られた時計、アーチを描くエントランス・ホールがある。劇場の名前は、1790年にジョアン王子(のちのジョアン6世)と結婚したスペイン王女カルロッタ・ジョアキナの名前にちなんで名付けられた。「カルルシュ」は、「カルロッタ」の男性形である。

美しい歌劇場は、5つのボックス席と1148席がある。豪奢なロイヤル・ボックスは、イタリア人ジョヴァンニ・アッピアンニによって惜しみなく装飾を施された。天井画はマヌエル・ダ・コスタ、舞台はシリロ・ウォルクマル・マシャードの手による。

1793年の劇場こけら落としの演目は、ドメニコ・チマローザ作曲「ラ・バレリーナ・アマンテ」であった。当時最も有名なポルトガル人作曲家マルコス・ポルトゥガルは、イタリアから帰国後に劇場の音楽監督となった。彼のオペラ作品はここで多く上演された。

1828年から1834年まで続いたポルトガル内戦(ペドロ4世とミゲル1世の間で争われた)では、劇場は閉鎖せざるを得なかった。1850年、内部の照明が当時最新のガス照明に切り替えられた。その少し後、ポルトガル政府が個人投資家からサン・カルルシュ劇場を買い上げた。数回の試みが失敗した後、電気照明となったのは1887年である。1935年から1940年、劇場は改修のため閉められた。1974年、劇場常設のオペラ・カンパニーが立ち上げられた。1993年、ポルトガル交響楽団が創設された。

類似したイベント