ヴィヴァルディのヴィルトゥオージ

チケットを購入する
JUL 2021

プログラムとキャスト

出演者


オリオル・ロゼス(カウンターテナー
コル・ノヴァリア(エリック・ヴァラス、監督
バルセロナ・オルケストラ・バロッカ
アドルフ・ガッソル(芸術監督
ジル・コリアード(ソロ・ヴァイオリン、指揮者


プログラム


A. ヴィヴァルディ:ヴァイオリン協奏曲ニ長調「グロッソ・モグール」RV208
I. アレグロ II. レシタチウ:グラーヴ III. Allegro


"Vedrò con mio diletto Giustino" RV 717
"Domine Deus, Agnus Dei", Gloria RV 589, (with NovAria Choir)
"Nisi Dominus-Cum Dederit" RV 608
"Longe Mala, umbrare, terrores", RV 629
"Agitata infido flatu-Juditha triumphans"、RV 644


A. ヴィヴァルディ:四季の歌
"演奏会第1番ホ長調作品8「春」RV 269
"演奏会第2番 ト短調 RV315「夏」より
"演奏会第3番 ヘ長調 RV293「秋
"コンサート第4番 ヘ短調 Op.8 RV297「冬

カタルーニャ音楽堂

カタルーニャ音楽堂は、スペイン、バルセロナにあるコンサートホール。1997年、サン・パウ病院とともに、バルセロナのカタルーニャ音楽堂とサン・パウ病院としてユネスコの世界遺産に登録されました。

カタルーニャ音楽堂は建築家リュイス・ドゥメナク・イ・ムンタネーによってムダルニズマの様式で設計されたコンサートホールである。1905年から1908年にかけて、カタルーニャ・ルネサンスにおいて指導的役割を果たした合唱団、ウルフェオー・カタラーのために建設された。建設にあたってはバルセロナの篤志家たちの財政支援も受けている。この音楽堂の建設によりドメネクは1909年にバルセロナ市より賞を受けた。

1982年から1989年にかけてオスカル・トゥスケッツとカルラス・ディアスによる大規模な修復が行なわれた。1997年、カタルーニャ音楽堂はユネスコの世界遺産に登録され、今日では毎年50万人以上の人々が交響楽や室内楽、ジャズ、伝統音楽などを楽しむためにこのホールを訪れている。

サン・パウ病院とともに、20世紀初頭のバルセロナにおけるアールヌーボー様式を伝えるものとして世界遺産に登録された。

類似したイベント