夜のロイヤルバレエ

チケットを購入する
JAN 1970

フロンドの翌日、若きルイ14世の権力を確立するためにマザランが委嘱したこのロイヤル・バレエは、君主を太陽王として擬人化し、音楽史と政治史の両方に足跡を残しました。ダンスをこよなく愛した国王は、最後に太陽の衣装を着て登場し、暗闇を追い払い、世界を照らす者として自らを象徴しています。音楽学者であり指揮者でもあるセバスチャン・ドーセは、1653年の創演以来、一度も上演されていないこのショーの楽譜を、根気強く情熱的に再構築しました。フランチェスカ・ラトゥアーダは、演出家、振付家、セットデザイナー、衣装デザイナーとして、神話や伝説、様々な物語を題材にしたリブレットの魔法を蘇らせることができました。フランス・バロックの純粋な精神に彩られた、まさに「珍品の棚」です。
 

プログラムとキャスト

セバスチャン・ドーセ|演出・音楽再構成
フランチェスカ・ラトゥアーダ|演出、振付、舞台装置、衣装
オリヴィエ・シャルパンティエ、ブルーノ・ファタロット|衣装
クリスチャン・デュベ|照明
Catherine Saint-Sever|メイクアップ、髪型、ウィッグ
アイトル・イバネス|ビデオ


ルシール・リシャルト|ラ・ヌイット/ヴェヌス
ヴィオリーヌ・ル・チェナデック|「ユン・ジュール」/シンティア/「アン・グラース・フランセーズ
カロリーヌ・ウェイナンツ|エウリュディケ/フランスのグランセーズ
イレクトラ・プラティオプルー|ジュノン
カロリーヌ・ダンガン=バルドー|ヴェヌス/ル・サイレンス
ペリーヌ・デヴィレール|パシテア / Mnémosyne / L'Aurore
デボラ・カシェ|La Lune / Déjanire / Une grâce française / La Beauté
ダヴィッド・トリクー|アポロン
ダヴィ・コルニヨ|エンディミオン
エティエンヌ・バゾラ|ル・ソムメイユ
ルノー・ブレス|ヘルキュール
ニコラ・ブロイマンズ|大いなる犠牲者
ショーン・パトリック・モンブルノ|ダンサー
ジャイブ・フォーリー、ヤン・オリヴェリ、ヴァンサン・レニャール|ジョングルール
Julien Amiot, Marianna Boldini, Pierre-Jean Bréaud, Frédéric Escurat, Alexandre Fournier, Caroline Le Roy, Pierre Le Gouallec, Pablo Monedero de Andrès, Jordi Puigoriol, Michael Pallandre, Etienne Revenu|アクロバット


アンサンブル コレスポンダンス オーケストラと合唱団

シャンゼリゼ劇場

シャンゼリゼ劇場
 

シャンゼリゼ劇場は、フランスのパリ8区にある劇場で、アールヌーボー建築の代表作といわれています。名前はシャンゼリゼですが、シャンゼリゼ通りではなく、モンテニュ通りにあります。
オーギュスト・ペレが設計し、アントワーヌ・ブール出る、モーリス・ドニ、エドゥワール・ヴゥイヤール、グザヴィェ・ルセルが美術担当し、1913年に完成します。

ジャーナリストで興行主であったガブリエル・アストゥリュクにより、オペラ座のような伝統的な劇場に対抗して、新時代の劇場にふさわしい現代的な作品を上演する事が提案されました。それに従い、バレエ・リュス(ロシア・バレエ団)を迎えて最初のシー人に備える事となりました。そのシーズンにクロード・ドビュッシーの「遊戯」(5月15日)、ストラビンスキーの「春の祭典」(5月29日)の初演が行われました。

当初私的な劇場として発足しましたが、劇場主のアストリュクは破産、1970年からケス・デ・デポがスポンサーとなりました。

シャンゼリゼ劇場は現在、オペラが年に3回公演されます。オーケストラピットの大きさの都合でバロック時代の作品や小管弦楽団のための作品が上演される事が多い。

フランス国立管弦楽団とラムルー管弦楽団の2つの管弦楽団がシャンゼリゼ劇場を本拠地としているほか、ウィーンフィルハーモニー管弦楽団もフランスでの活動拠点としています。

フランス放送フィルハーモニー管弦楽団、パリ室内管弦楽団なども、シャンゼリゼ劇場でコンサートを行う事が多い。

そのほか、舞踏、室内楽、リサイタル、ポピュラー音楽などのイベントでも使用されています。

 

 

シャンゼリゼ劇場へのアクセス: 

 
地下鉄:アルマ·マルソー(9行目)、フランクリンD.Roosevelt(1行目)、ポン·ドゥアルマ(RERのC線) 
バス:N°42、63、72、80、92 
タクシー乗り場:場所アルマ、大通りジョージVのコーナー 
 

類似したイベント