蝶々夫人

チケットを購入する
NOV 2020 Next

蝶々夫人

 

作曲:ジャコモ・プッチーニ

台本:ルイージ・イッリカ&ジュゼペ・ジャコーサ

初演:1904年2月17日、スカラ座(ミラノ)

原作: ジョン・ルーサー・ロングの短編小説「蝶々夫人」とこれを戯曲化したデーヴィッド・ベラスコの「蝶々夫人」

プログラムとキャスト

監督:フランチェスコ・イヴァン・チャンパ
監督:キアラ・ムーティ
シーン:レイラ・フテイタ
衣装:アレッサンドロ・ライ
照明:ヴィンセント・ロンゲマーレ


チオ・シオ・サン:ヴィクトリア・ヨー
ピンカートン:セルゲイ・スコロホドフ
鈴木:アナリサ・ストロッパ
シャープレス:アレッサンドロ・ルオンゴ
ボンゾーおじさん:アレッシオ・カッチャマーニ
ゴロ:パオロ・アントグネッティ
ケイト・ピンカートン:フランチェスカ・ククッツァ
山鳥王子:ジャンルーカ・マルゲリ


新規設置
フィオレンティーノ音楽院合唱団とオーケストラ
ロレンツォ・フラティーニ:合唱団長

テアトロ・デル・マッジョ ( Teatro del Maggio )

Teatro del Maggioは、歴史的なStazione Leopoldaの隣、旧市街の城壁の近くにあります。訪問者を歓迎する庭園はフィレンツェのオーケストラの厩舎とMaggio Musicale Fiorentinoの創設者にちなんで名付けられたヴィットーリオ広場広場です。


電車で
サンタマリアノヴェッラはフィレンツェの主要鉄道駅です。
そこから、徒歩(約10〜15分)、またはトラム(1駅)またはタクシーを利用して劇場にアクセスできます。


車で
フィレンツェオペラはZTLエリアのすぐ外にあります。
Parco delle Cascineの近くに駐車するか、Porta al Pratoの駐車場(Via Elio Gabbuggiani、7)とPiazza Vittorio Venetoの駐車場を利用できます。


バスで
行C1、C2、およびD(Leopolda stop)。
17および23A-B行(Via delle Carra駅)。
ライン17B-C、22、23N、23および57(Pierluigi da Palestrina停留所)。
行29、29B、29BA、29BC、29D、30A、30B、30AC、35および35°(Leopolda  -  Porta al Pratoの終点;終点)。


路面電車で
ラインT1(ポルタアルプラート - パルコデッラムジカ駅)。

類似したイベント