PKF - プラハ・フィルハーモニア - ベートーヴェン マルティンů(A1)

チケットを購入する
JAN 1970

このオーケストラ・シリーズのテーマである「音楽と社会のつながり」に適した作曲家は、ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンほど多くはありません。今年生誕250年を迎えたベートーヴェンは、社会問題に強い関心を持っており、いくつかの作品に個人的な考えを取り入れている。例えば、交響曲第3番変ホ長調を書いたとき、彼はナポレオン・ボナパルトの思想に興奮した。しかし、この政治家が皇帝を宣言したとき、激怒した作曲家は原稿にボナパルトへの献辞を引っ掻き出してしまい、この作品は今日では「エロイカ」として知られている。この交響曲は政治的な影響を受けた作品であり、その変ホ長調はこの作曲のおかげで「英雄的なキー」と表現されています。同様に興味深いのは、エグモント序曲の歴史です。ベートーヴェンは、ゲーテの同名の悲劇のために、自由のために戦った低地出身の英雄を描いた付随音楽としてこの曲を書きました。その強烈なインパクトから、この序曲は1950年代の血なまぐさいハンガリー革命の非公式な国歌となりました。2つのベートーヴェン作品の間には、フィンランドのピアニスト、指揮者、作曲家でもあるオッリ・ムストネンが、ボフスラフ・マルティヌーのピアノと管弦楽のための協奏曲第3番を演奏します。

プログラムとキャスト

ルドヴィク・ファン・ベートーヴェン
エグモント序曲 作品84


ボフスラフ・マルチン
ピアノ協奏曲第3番 H.316


LUDWIG VAN BEETHOVEN
交響曲第3番 変ホ長調 作品55「エロイカ


オッリ・ムストネン - ピアノ
マルセロ・レーニンガー - 指揮者

ルドルフィヌム

ルドルフィヌム (Rudolfinum) は、プラハにある音楽公会堂である。プラハにあるネオ・ルネサンス様式の建築物群の中でもっとも重要な建築物の一つである。ヴルタヴァ川右岸に位置するヤン・パラフ広場 (Náměstí Jana Palacha) の中にある。何十年にもわたってチェコ・フィルハーモニー管弦楽団の本拠地であり、毎年5月と6月に開催されるプラハの春音楽祭では主要な開催地の一つとなっている。

 

設計はボヘミア人建築家ヨセフ・ジテクと彼の弟子であったヨセフ・シュルツによるもの。1885年2月8日にこけら落としを迎え、これを主催したオーストリア皇太子、ルドルフに敬意を表して「ルドルフィヌム」と命名された。

 

ルドルフィヌム内にあるドヴォルザーク・ホールは、ヨーロッパのコンサートホールの中では最古のものの一つであり、音響効果の面でよく名前を知られている。1896年1月4日、ここでチェコ・フィルハーモニー管弦楽団の最初期の演奏会が開かれた。アントニン・ドヴォルザークの指揮によるものだった。

類似したイベント